ペトジーン塔

血液型の発明者

karel hynek macha roboraionKarel Hynek Mácha

プラハは「100塔がある町」と言われている。私は二つ塔だけ紹介したいのに、その建物はプラハの主要な特徴だと思う。

ペトジーン塔

プラハにパリのような所を探しているんですか。それなら、フランスの喫茶店を除いて、ペトジーンの坂を上ったの方がいいだと思う。大きい公園で、閑静な場所が多くて、上から町の眺めがきれいで、全くリラクスができる所だ。その上に、坂の頂上にはペトジーンの観測所がある。

その坂の頂上まで歩いていくことにする途中でチェコの作家や音楽家の胴像が見える。例えばチェコ人の中で有名な「MÁJ」という詩の作家カレル・ヒネく・マ一ハの胴像がある。「MÁJ」というのは古い言い方で、5月である。昔その時に、ほとんど田舎で結婚式がお行われていたので、5月といえば「愛の月」だと言われている。5月1日にペトジーン公園をたくさん恋人同士が散歩している。

歩くことが嫌い人は坂の頂上までケーブルカーで乗る。ケーブルカーのそばに面白い共産主義の被害者のために記念碑ができった。

共産主義の被害者のために記念碑共産主義の被害者のために記念碑

ペトジーン坂を上ったあとで、確かに観測所を訪れたがてる人が多いと思う。塔の歴史について: 1889年にチェコの観光客のクラブがエッフェル塔を見た後、同じような建物をプラハで建てるつもりだった。フランティシェク・プラ一シルとユリユス・ボチェクの計画によって建設工事が始められた。1891年に行われていた国の展覧会のために、ペトジーンの観測所が完成されてしまった。高さは63.5メ一タ一だ、重さは175トンだ、階段の数は全部で299段だ。エッフェル塔とペトジーンの観測所を比べると、ペトジーンの観測所は5分の1の小ささだ。

いつも観測所の地下では色々な展覧会が行われている。ペトジーン塔の近くにはゴシックみたいな門がある建物だ。その建物の別名はもちろん「鏡のラビリンス」だ。大きい鏡は38しかないのに、子供がこの所大好きと思う。

Žižkov 塔

1974年からプラハは高性能のラジオ送信器が要る。ペトジーンのラジオ送信器は一時的だけだから、新しい場所が決まっていた。それで1985年に「Mahlerovy sady」という所でŽižkovのテレビ塔の建設工事が始められた。1992年に塔ができって、プラハの一番高い建物になった。高さは216メ一タ一だ。空中線は11テレビ放送と携帯電話会社の信号を送信している。空気の品質データも集まっている。

Žižkov のテレビ放送塔Žižkov のテレビ放送塔

宇宙船のようなラジオ送信器の計画は建築家ヴぁ一ツラヴ・アウリツキ一作った。彼の未来派の意図が他の人に拒まれたのに、アウリツキ一さんは自分の計画を守った。

Žižkov塔は3のキャブがある。66メ一タ一にあるキャブは高いレストランになって、二番めのキャブ(93メ一タ一)は観測所のような所だ。三番目のキャブでは立ち入りを禁ずる。

テレビ放送塔の内部テレビ放送塔の内部

そのŽižkov塔を登っている幼児がダビッド・チェル二一によって作られた。2001年からあそこである。

Žižkovテレビ塔はきれいな建物だか、きれいじゃないか。。皆さんはどう思うか。

アデラ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
連絡: | adela@roboraion.cz | facebook |
参考文献を表す
文献
入手不可能
イメージ
  1. 作家の自分の
  2. http://www.designmagazin.cz/foto/2012/11/zizkovska-vez-interier-atelier-sad-0.jpg
  3. http://i.idnes.cz/09/113/cl6/TOM2f411a_zizkovpro71464.jpg
  4. http://www.mocr.army.cz/assets/informacni-servis/zpravodajstvi/60_2.jpg
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013