advent header roboraion

最初の映画館

プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。ポンレポの映画館の非凡さは、面白い古い映画を上映していることだ。時々日本の映画も見ることができる。長い歴史がある映画館の建物は、とてもいい雰囲気だし、切符も安いし、お年寄りと学生の切符の値段はさらに安い。ここに映画を見に行くのはいい経験だと思うので、ぜひお勧めする。

ヴィクトル・ポンレポ (Viktor Ponrepo)

viktor ponrepoヴィクトル・ポンレポ (Viktor Ponrepo)

ヴィクトル・ポンレポは、本名ヂスマス・フェルヂナンヅ・シラボル、1858年6月6日にプラハで生まれた。彼は最初のチェコスロヴァキアの映画館を作り、チェコの映画撮影術の草分けだと言われている。

ヴィクトル・ポンレポは高校生の時、家風のとおりに金細工職人の修業をしていたが、高校を卒業したあとで、魔術師になった。魔術師の試験はハインリフ・グツワルヅ(Heinrich Gutwald)ですることができた。

役所から認可を取って、そのあと色々な町や村里へ旅して、自分の手品を披露して、すぐに人気がでた。しかし、彼は自分の名前が魔術師としては悪いと思っていたので、新しい名前を作ることにした。

「Bon Repos」という好きな城にちなんで「Ponrepo」の名前を選んだ。彼の移動劇場の名前も変わっていた。「ポンレポのマジックと幽霊やお化けが出る劇場」という劇場だった。

ポンレポは1891年に行われていた展覧会で紹介されていたエジソンの蓄音機を見てから、その機械を使いはじめた。数年後、ポンレポの競争相手ヤン・クジ一ジェネツキ一(Jan Kříženecký)が映写機を買ったので、ポンレポは映写機に興味を持つようになった。

映写機映写機

ポンレポは間もなく魔術師として手品を披露することをやめた。代わりに、自分の移動の映画館を作った。プラハでは、当時、映画館を営むことが承認されていなかったから、また国中を旅した。

成功した映画は、例えばアフリカのブ一ルの戦争に関するドキュメンタリーや「Souboj paniček amerických」という映画などだった。

1901年に彼は数日間でプラハのKrálovské Vinohradyでのフィルム映写の認可を取った。2年あとにHolešoviceでも人々に映画を見せることができた。それに、1907年に9月15日にはチェコスロヴァキアの最初の映画館を開いた。これこそが、現代でもKarlova uliceに残るポンレポという映画館である。

その時に新しくできた映画館は56の座席があって、金曜日を除いて毎日上映していた。ポンレポの弟は観客に映画を紹介して、上映の途中で筋書きの説明をしていた。音声には蓄音機が使われていた。後で、ピアニストとバイオリニストが雇われた。ポンレポは観客を迎え入れていた。しかし、観客が次第に増えていて、全員を迎え入れることは無理になったので、ポンレポは短い映画を作った。その映画はポンレポが全部の観客を迎え入れることが出来た。

1908年ごろ、批評家は映画が人々に悪い影響を与えると思っていた。子供は映画を見られないし、検閲があるし、映画に興味を持っている人々は少なくなった。その状況に対して、ポンレポは映写の装備の店と映画レンタル店を作った。あいにく、成功しなかった。

1912年にポンレポは映画館の経営者のクラブの会長になった。しかし、第一次世界大戦のためにほとんどの経営者は自分の映画館を閉めた。

戦争が終わって、映画はまた人気が出てきたが、20年代に他の経済恐慌が来た。その時には、ポンレポは自分の映画館を売って、もう一同魔術師になろうとした。残念なことに、社会が変わっていたので、魔術師としてお金を稼ぐのは大変なことだった。1926年12月6日にヴィクトル・ポンレポは貧困の中で亡くなった。

アデラ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
連絡: | adela@roboraion.cz | facebook |
参考文献を表す・隠す
文献
  1. http://pragueforjapan.wordpress.com/2014/02/11/%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB%E9%A4%A8/

イメージ
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013