advent header roboraion

魔女裁判 – 潔白な人々の殺人

ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。 この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうで すか。

ボヘミア地域では、魔女裁判のことはあまりありませんが、魔女の存在を信じているや北部 のモラバ(Morava)やスレズコ(Slezko:現代のチェコ共和国の地域)に住んでいるドイツ人か ら魔女に関する伝説が伝わり、17世紀後半の間に残酷な魔女裁判があります。火あぶりにさ れていた人数は200人以上でした。

paleni-carodejnic-1 burning witches japanese1632年、魔女の死刑執行

ヴェルケ一・ロシニの館で行われていた魔女裁判 (1678-1696)

17世紀の20年代からスレズコの裁判が始まり、被害者の数はもっと増え、スレズコの裁判よ りヴェルケ一・ロシニ(Velké Losiny)の魔女裁判の状況についてよくが知られています。 それが、ヴァ一ツラフ・カプリツキ一(Václav Kaplický)によって作った「Kladivo na čarodějnice」という本と、この作品の通りにオタカル・ヴァ一ヴラ(Otakar Vávra)によって作 られた映画のせいで人々はその事件について分かりました。
その作品の、実際にあった事も、主人公は二人男の人でした。この男たちは、非情な異端審 問の裁判官インジフ・ボブリグ(Jindřich Boblig)と彼の被害者の聖職者クリシュトフ・ア ロイズ・ラウツネル(Kryštof Alois Lautner)でした。

「Kladivo na čarodějnice」という映画

しかし、シュンペルク(Šumperk)という町のそばにあるヴェルケ一・ロシニの館の魔女裁判は なぜ始めたのでしょうか。言われていたのは、ある女性の牛が病気になり、その女性が貧乏 な女性に助けを求めました。牛が元気になるのは、聖体拝領用のウエファーが必要です。そ の貧乏な女性はミサの間に聖体拝領用のウエファーを吐き出し、スカーフに包みました。あ いにく、教会のミサの侍者はそのことを見て、すぐに神父その聖体拝領用のウエファーを吐 き出しについて言いました。神父は貧乏な女性を叱り、その後ヴェルケ一・ロシニの伯爵婦 人にその事件について言いました。伯爵婦人は縁起をよくかつぐ人でだったので、インジフ ・ボブリグがヴェルケ一・ロシニに招待されました。そのころ、シュンペルクの辺りでは、 魔女裁判地獄が急に始められていました。

インジフ・ボブリグ: チェコ歴史の中で最も残酷な人でしたか。

インジフ・ボブリグは都会風の家族に生まれました。ウィーンでは、法学大学を卒業す ると、弁護士と裁判官として働けました。大学を卒業しない理由は、多分イェセニツ ェ(Jesenice)で作られた異端審問の裁判所に参会するためでした。当たり前のように、被告 人の財産が異端審問の裁判所で働いている人によって没収されました。

1622年から1654年にかけて長期的なイェセニツェの魔女裁判に関する資料が紛失していた ので、ボブリグの行為について何もわかっていません。

ボブリグはヴェルケ一・ロシニの館1978年9月に行き、新しい仕事を急に始めました。プ ラハに住んでいて、市役所に働いていて魔女裁判の支持者であるヤクブ・ウィンガルテン (Jakub Weingarten)に連絡し、その後、異端審問裁判所を作るのに許可を受けました。 裁判所の事務官たちの任務は有罪を証明するものではありませんでしたが、拷問で有罪を強 要することでした。

伯爵婦人は長期の経験がある専門家として、ボブリグを信じていました。魔女裁判のための 費用は彼女でまかなわれていました。

拷問: 強制的な道具

伯爵婦人は拷問が大嫌いでしたから、最初の被告人に女性は拷問されませんでした。しか し、ボブリグは拷問の代わりに心理的圧力を使いました。次の女性が逮捕された時、彼は伯 爵婦人を説得して拷問は必要なこととしました。

使われている拷問の道具は例えばチェコ語で「palečnice」(パレチニツェ)という道具で す。親指はこの道具により、破砕されました。次の道具は「španělská bota」(シュパニエ ルスカ一・ボタ)という道具で、その鉄の靴を被告人に履かせ、ゆっくり足を破砕しまし た。被告人が白状しなければ、「skřipec」(スクジペツ)というはしごみたいな道具で結合 しました。この道具で関節を脱臼させました。ヴェルケ一・ロシニの死刑執行人のヤクブ ・ハイ、つまりヨクルはその上に赤く燃える鉄の道具を使いました。

paleni-carodejnic-2 burning witches japanese roboraionKladivo na čarodějnice」という著書の前面

女性たちはどのようにして魔女と証明されたのでしょうか。

よく知られている著書としては「Kladivo na čarodějnice」(クラヂヴォ・ナ・チャロデイ ニツェ)があります。1487年に尋問者のヤクブ・シプレンゲル(Jakub Sprenger)とインジフ ・クラメル(Jindřich Kramer)は基本的な説明書としてその本を書きました。説明書の中で は、魔女の外見や行動や悪魔のことなどが述べられています。面白ことに、この本をボブリ グは読めませんでした。

ではその当時、女性が魔女だとはどように悟られていましたか。 まず、母斑や疣や染みなどは鬼の兆候として考えられていました。そのような鬼の兆候を見 つけるために、女性に自分の服を脱がせ、全部の体毛が剃り落とされました。その上で、調 査員は人前で屈辱を受けた女性の皮膚を針で突き刺し、痛みを感じない場合は、鬼の兆候だ と信じられました。現代の専門医によると、情緒的な打撃のため、痛みを感じないことは通 常なことです。

paleni-carodejnic-4 burning witches japanese roboraion拷問のし方

しかし、どうして鬼の兆候を見つけていましたか。魔女は鬼を神としてあがめていましたか ら。鬼は神の敵ですので、魔女も神の敵になりました。そのような鬼に仕えた魔女は一般人 に危害を加えると信じられていました。また、鬼は黒い雄猫、あるいは黒い雄ヤギとして魔 女と一緒に「サバット」(sabat)という会合をしていました。ボブリグはこの伝説を悪用し、 鬼と魔女の会合所が「ペットロヴィ・カメニ」(Petrovy kameny)という岩だと決めました。 ペットロヴィ・カメニで、鬼と魔女が何をしたかというのはボブリグが自分で作り上げたこ とです。彼は被告人に、例えば岩で鬼と他の人と一緒に性交し、鬼の祈りを暗唱しますなど を告白させました。現代には、その祈りの記録が13枚残されています。そのことからもボブ リグのひねくれた考え方について想像することができます。

クリシュトフ・アロイズ・ラウツネル: 魔女裁判の悲劇的な被害者

最初の被害者が有罪判決を受けたときから、被告人の数は増えていました。被告人は有罪と したら、有罪の財産が異端審問の裁判所で差し押さえられましたので、ボブリグは尋問の途 中で豊かな人々について話しました。あとは、彼はひどく苦しんで囚人にこの豊かな人々の 名前を語らせまして、そのお金がある人々を逮捕することができました、 しかし、豊かな人々だけではなく、ボブリグが他の教父などを大変嫌いですから、その男性 も魔女と鬼、ペットロヴィ・カメニで遊ぶ事などを非難しました。でも、教父は一緒にオロ モ一ツの主教へ手紙を書きました。この手紙の中では、囚人が拷問や苦痛恐怖のため何で も言って、その上にボブリグが囚人にそんなうそを語らせます、と書いてありました。しか し、主教はボブリグを止めようとしませんでした。教父はボブリグに恐怖を感じて、魔女裁 判の反対を止めました。

しかし、一人の男は反対を続けていました。現代では、クリシュトフ・アロイズ・ラウツネ ルと言えば、魔女裁判の悲劇的な被害者です。もちろん、全部の魔女裁判のため殺された人 々は悲惨なことですが、教父のクリシュトフ・アロイズ・ラウツネ ルはその殺された人々の 苦しみの象徴だと思います。

ラウツネルという人を少し紹介しましょう。彼は高学歴で、哲学と神学を卒業し、その上、 自然科学に興味を持っていました。自分の家では、様々な本があって、魔女に関する書もあ りました。それで、ボブリグよりァウツネルは魔女の問題についてよく知っていました。彼 はシュンペルクの町の教父になって、親切や寛容のため人々にすぐに人気ができました。 そのようないい人を逮捕するのは、ボブリグにとって大変難しいことでした。教父を逮捕す ることができるため、主教の許可が必要でした。それで、ボブリグは虚偽の証拠を作りまし た。

まず、ラウツネルの家政婦が魔女として非難されて、次の逮捕された人々はサットレル (Sattler)の家族でした。ボブリグは、ラウツネルがペットロヴィ・カメニの魔女会に参会し たなど、家政婦とサットレルの家族を語らせました。その陳述は証拠として主教へ送って、 主教は1680年にボブリグに逮捕令状を渡しました。

教父は尋問の途中で拷問が禁止されましたから、クリシュトフ・アロイズ・ラウツネルは 4年中虚偽の罪を告白しませんでした。あいにく、1684年に主教は拷問を許可しました。そ の後、ァウツネルは途切れずに10日に拷問を受け、そのひどく苦しみが終わり後、彼は肉体 的かつ心理的に打ちのめされました。

1685年に9月18日にモヘルニツェ(Mohelnice)で、クリシュトフ・アロイズ・ラウツネルは火 あぶりの刑に処せられました。彼は死ぬまで、聖人の名前を呼びましたので、よく人々が ァウツネルは本当の殉教者だと信じるようになりました。

paleni-carodejnic-3 burning witches japaneseモヘルニツェにあるクリシュトフ・アロイズ・ラウツネルの記念碑

魔女裁判はラウツネルの死の後10年も続いていました。魔女裁判の終わりは、絶望的な財政 状況のためでした。ほとんどの豊かな人々は殺されて、魔女裁判の費用にお金がありません でした。それで、1696年に魔女裁判は貴族の家族が止めました。

アデラ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
連絡: | adela@roboraion.cz | facebook |
参考文献を表す・隠す
文献
  1. http://cs.wikipedia.org/wiki/Kry%C5%A1tof_Alois_Lautner
  2. http://www.infosumperk.cz/dr-cs/povesti-regionu-a-carodejnicke-procesy/sumpersko/carodejnicke- procesy-na-sumpersku.html
  3. http://cs.wikipedia.org/wiki/%C4%8Carod%C4%9Bjnick%C3%A9_procesy_na_losinsk%C3%A9m_panstv%C3%AD
  4. Spurný, F., Cekota, V., Kouřil, M., Šumperský farář a děkan Kryštof Alois Lautner, oběť čarodějnických inkvizičních procesů. Šumperk: Městský úřad Šumperk a římskokatolická farnost v Šumperku, 2000. 62 s.

イメージ
  1. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Hexenverbrennung_Bilder_Cautio.JPG
  2. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/07/Brockhaus_and_Efron_Encyclopedic_Dictionary_b50_897-0.jpg
  3. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9b/Malleus_1669.jpg
  4. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Mohelnice_-_Lautner_memorial.jpg/399px-Mohelnice_-_Lautner_memorial.jpg
  5. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2e/Witch_Burning.jpg
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013