advent header roboraion

「Ladovská zima」ラダの冬

チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。

ボヘミアでは、「Ladovská zima」と言えば、ほとんどの人々は美しく、静かで、雪で覆われた風景を心に思い浮かべます。それで、そのような風景を見た時、「ラダの冬ですね。」と言うのです。その起源は、クリスマスの田舎の雰囲気に関するヨゼフ・ラダの有名な絵の存在です。ラダの様々な挿絵は、例えば葉書やカレンダーなどに印刷されています。

冬に関するヨゼフ・ラダの絵と「Narodil se Kristus pán」というチェコのキャロルです

ヨゼフ・ラダはどんな人ですか

その画家は、靴職人の末っ子として1887年12月17日にHrusice(フルシツェ)に生まれました。Hrusiceはプラハから東の方22キロメ一タぐらいの場所にあります。その町の環境は、彼の作品に影響を与えました。現代では、ラダの家族の夏の家はヨゼフ・ラダと彼の娘の記念碑です。家の中では、この作家の絵や本の展示が見えることができて、他の作品も買えます。Hrusiceへ旅行をすれば、ラダの有名なキャラクターの黒い雄猫Mikeš(三ケシュ)の物語のと売りにできた道を歩くの方がいいと思います。ラダの地域を見ることは本当にいい経験だと思います。なぜなら、ラダの生まれ育ったボヘミアの古い田舎の生活を体験することができるからです。

ラダの記念碑ラダの記念碑

1901年にヨゼフ・ラダは室内装飾家と芝居の道具の専門家になるためにプラハへ行きました。しかし、1か月で後で進路を変えました。翌年には、製本工の訓練を始めました。そのころ、Mikoláš Aleš(ミコラ一シュ・アレシュ)の絵やMax Švabinský(マクス・シュワブンスキ一)のポスタ一や他の画家の作品と接触しました。彼は片方の目しか見えなかったので、空間視覚がなく、その上に、独学の画家としてもヨゼフ・ラダは独特なスタイルがあります。 芸術の大学に入るために、彼は大学の夜間コース に進みました。彼の最初のイラストゥレイションが1904年に「Máj」という雑誌に掲載されました。二年後で、ヨゼフ・ラダは三度目に入学試験に合格しましたが、大学の教え方に不満を感じたので、二学期後で大学を辞めました。

1923年にヨゼフ・ラダはハナ・ブヂェイツカ一と結婚して、二つの娘が生まれました。長女のアレナは、お父さんの職をついで児童書の絵本画家になりました。末の娘のエヴァは第二次世界大戦の終わりに亡くなりました。
1942年にから1946年にまでラダの作品を出版するのは検閲によって禁じられていました。彼は記者クラブから排除されました。その時、彼は自分の作品は個人の収集家しかに売っていません。検閲が終わった後で、ヨゼフ・ラダはよく展覧会をやりました。1947年には、近代的な童話の著作に貢献したため、「国の芸術家」という賞まで受賞することになりました。
ヨゼフ・ラダは1957年に亡くなりましたが、現代でも彼に関する様々な展覧会が行われています。

ヨゼフ・ラダの作品

彼の黒い太線を使っているの特有なスタイルはかんたんに認識できます。ヨゼフ・ラダはイラストレーターやグラフィックアーティストとして、大人の読者にとって200冊の本に、子供たちにとって120冊の本に挿絵を入れました。彼は自分で書いた20冊の本を出版し、数々の雑誌に掲載されました。全部で15000の絵画を描きました。
国民劇場や他の劇場のために、芝居の道具や衣装の図案を作りました。例えば、チェコの伝統的な作曲家のBedřich Smetana(ベドジフ・スメタナ)によって作られた歌劇「 Prodaná nevěsta」(売られた花嫁)やAntonín Dvořák (アントニン・ドヴォルザーク)の歌劇の「Čert a Káča」(悪魔とカーチャ)ではラダの図案を見ることができます。
第二次世界大戦の後で、テレビに協力しました。よく知られているテレビの童話は「S čerty nejsou žerty」で、たいていクリスマスの時、テレビで放送されています。

「Kocour Mikeš」

ヨゼフ・ラダの有名なキャラクターは「Mikeš」という靴が履いている黒い雄猫です。ミケシの冒険については1934年に本さえも出版され、ミケシの物語もテレビの連続番組として放送されました。

ミケシはどうやって歩けると話せるようになりましたについて話です

「Osudy dobrého vojáka Švejka」

「兵士シュヴェイクの冒険」というユーモア小説を書いたチェコの作家Jaroslav Hašek (ヤロスラフ・ハシェク)はヨゼフ・ラダと親しい仲であり、自然な成り行きとして、シュヴェイクに関する本にはヨゼフ・ラダによって挿絵が入れられました。シュヴェイクに関するイラストは全部で1339枚ぐらいが書かれました。 その挿絵は例えばチェコのシュヴェイクのパブで見えることができます。そのパブはプラハだけでなく、他の町にもあります。シュヴェイクのことにもっと興味があれば、トンダさんの記事を読んだ方がいいと思います。

兵士シュヴェイクの冒険兵士シュヴェイクの冒険
アデラ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
連絡: | adela@roboraion.cz | facebook |
参考文献を表す・隠す
文献
  1. http://www.ceskatelevize.cz/ct24/kalendarium/38994-josef-lada-byl-genialni-malir/
  2. http://cs.wikipedia.org/wiki/Josef_Lada
  3. http://www.csfd.cz/tvurce/35406-josef-lada/
  4. http://hrusice.pragmatic.cz/

イメージ
  1. http://farm4.staticflickr.com/3079/2698689517_907b6f3d54_o.jpg
  2. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3a/Hrusice_CZ_Josef_Lada_bust_0117.jpg
  3. https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRsk07P-hNWiN_c7Oz6IovaYzNekxipVj2Z9opcXH1Cz5fpqv5o
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013