ドイツ語から借りた言葉

ドイツ語から借りた言葉

外国語からの借用語はチェコ語の言葉の中で重要な部分だ。その借用語は昔借りたので、現代は毎日使われている言葉の本当の語源が分からない人がいると思う。

幅広い意味を持っているGERMANISMYはこの記事の話題だ。GERMANISMUSという意味はドイツ語からだけ借りた言葉だ。ドイツの国境に住んでいるお年寄りがドイツ語からの借用語を使われているといっても、実はほとんど若者もこの言葉を知っている。

ゲルマニズムの用例

ゲルマニズム ドイツ語 チェコ語 日本語
flinta, kvér Flinte, Gewehr puška ピストル
kriminál, loch Kriminal, Loch vězení 刑務所
metál Metall medaile メダル
mord Mord vražda 殺人
šarvátka Scharmützel potyčka, bitka 喧嘩
fabrika Fabrik továrna 工場
fošna Pfosten prkno 厚板
fuška Pfusch dřina, těžká práce 重労働
machr Macher odborník 名人
majstrštyk Meisterstück mistrovské dílo 名作
malíř Maler malíř 画家
vercajk Werkzeug nářadí 工具
brak, šmejd Brack, Schund kazové zboží 不良品
cifra Ziffer číslice 数字
gauner Gauner zločinec 犯人
kasa Kasse pokladna レジ
krám Kram obchod
erteple Erdäpfel brambory ポテト
fajnšmekr Feinschmecker labužník 美食家
flaška Flasche láhev ボトル
nášup Naschub přídavek 付け足すこと
šlichta Schlichte špatné jídlo 残飯
šnycl Schnitzel řízek シュニッツェル
fusekle Fusßocke ponožka 靴下
cimra Zimmer pokoj 部屋
tepich Teppich koberec カーペット
šuplík Schublade zásuvka 引き出し
knajpa Kneipe hospoda パブ
štamgast Stammgast stálý host いつも来た客
bichle Büchel kniha
štreka Strecke cesta
perón Perron nástupiště プラットホーム
komandovat kommandieren poroučet, velet 命令を出すこと
majznout schmeissen uhodit 打つ
švindlovat Schwindeln podvádět 騙す
kuchtit kochen vařit 料理を作る
gruntovat Grundieren uklízet 掃除をする
biflovat se büffeln učit se nazpaměť 暗記する
šprechtit sprechen mluvit 話す

例文一:

Manželka mu vařila jenom šlichtu a pořád ho komandovala. Jednoho dne mu došla trpělivost, majznul ji bichlí po hlavě a teď sedí v lochu.

妻は薄い料理しか作っていなくて、いつも彼に命令を出していった。ある日彼の辛抱はなかった、本で彼女の頭を打って、今彼は刑務所にいる。

例文二:

Fusekle nechal ležet na tepichu a odešel do knajpy.

靴下はカーペットに置いたまま、パブへ行った。

例文三:

Vygruntovat tu cimru byla fuška.

この部屋を片付けるのは重労働だった。

少しドイツ語とチェコ語の関係について

チェコ語の発達は勿論チェコのより大きい隣国に影響されていった。中世の時ドイツ語は公用語として貴族と知識階級だけ使われていって、チェコ語がたいてい無教養貧しい人話せていった。

幸いなことに、チェコ語の能力は高いと思っているひとがいった。 最初の著名な反対者は「Jan Hus」だった。彼は7月6日(チェコの祝日)1415年に「Kostnice」で焼き殺した中世の思想化と説教しと宗教の改革者だった。またいつか「Jan Hus」の意義について記事を書こうと思っている。

17.世紀から 外国語の言葉を使わないように努力が続けていった。この努力の最大はチェコのNarodní Obrození(国民の復活)になった。 「Narodní Obrození」というのはたくさん教養のある人は新しい演劇、歌、物語などを作るために、スラブの歴史に色々な話題を探していった。この方は国民意識を覚ましていったので、「Národní buditelé」と言われていった。その面白い人の中では例えば「František Palacký」、「Josef Jungmann」、「Josef Dobrovský」、「Josef Kajetán Tyl」(チェコ共和国国歌の歌詞の作者)などだった。

主要目的は国民の教育水準が備えて、チェコ語の語彙が自分の専門用語など増やすつもりだった。 新しい言葉はどうやって作るか意見は違っていったから、いつ言語学者は自分の説明書を書いた。ちょっと混沌になった。 結局は、過激な学者のため、チェコ語がたくさん同義語や抽象概念失った。でも、90年代後半に過激な活動はゆっくり終わった。作家は言語学者が書いた説明書を読まないで、自由に色々な言葉(外国語からも)を使っていった。

ちょっと。。慣用句のこと

慣用句 ゲルマニズム チェコ語の意味 日本語の意味
nemít ani ánunk Ahnung nemít ani tušení 何も分からない
na blint Blind naslepo 何も知らない
v cajku Zeug v pořádku 大丈夫だ
nemít ani floka Pflock Být bez peněz. お金がない
nestojí za zlámanou grešli Gröschel má nicotnou hodnotu 値がない
vzít kramle Klammer utéct 逃げる
dát si pro krejcar koleno vrtat Kreuzer být velmi lakomý しみったれた
dát si majzla Meische dát si pozor 気を付ける
být pod pantoflem Pantoffel být v područí 妻に従う
mít recht Recht mít pravdu 本当だ
v rychtyku Richtig v pořádku 大丈夫だ
nechat ve štychu Stich nechat na holičkách 困っている様子の人に手伝わない
být švorc schwarz být bez peněz  お金がない

アデラ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
連絡: | adela@roboraion.cz | facebook |
参考文献を表す
文献
  1. KLOBOUKOVÁ, Pavla. Germanismy v běžné mluvě dneška, Diplomová práce, Ústav jazykovědy FFMU, Brno 2006,
    web:http://is.muni.cz/th/52981/ff_m/Diplomka_-_hotovo.pdf
  2. Jan Hus, Wikipedia
    web:http://cs.wikipedia.org/wiki/Jan_Hus
  3. České národní obrození, Wikipedia
    web:http://cs.wikipedia.org/wiki/České_národní_obrození

イメージ
  1. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0d/Initialen.jpg
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013