advent header roboraion

流血の小説家ヨゼフ・ヴァーハル

josef vachal photo smoking czech surrealist.jpgヨゼフ・ヴァーハル

果物として頭骨を収穫する木のような生き物の木版画とか、家の鬼と悪霊の図解入り百科事典とか、宇宙の地獄の夢のような光景のを表す図面などが、今ではチェコ人とどのような関係があるのかを知る者はどいません。どうして忘れられてしまったのかは、まだよく明らかではありません。もしかしたらの社会主義の困難な時期のせいで、あるいは、当時の社会はまだそのような発想がまだ受け入れられなかったからかもしれません。しかし忘れられてしまったその理由は、今はあまり重要ではないと思います。重要なのはこの残念な状態を直すことです。そのためまずはヨゼフ・ヴァーハル(Josef Váchal) という名前を紹介させていただきましょう。

ヨゼフ・ヴァーハルはおそらく、チェコの第一共和国の時代における最も異色の芸術家のひとりでしょう。なぜそのように思うかの理由は沢山あるのですが、一番重要な要素は彼のルネサンス的な生き方でした。それは特に芸術家として、一つだけの専門領域ではなく色々な(=多岐にわたる/様々な)領域を手がけたことです(科目に見据えました)。このような人のことをドイツ語では「ゲサンカンッツウェーク」(Gesamtkunstwerk)と言います。日本語の「総合芸術」は殆ど同じ意味をもたらします。例えば色々な人文筆家、製本者、イラストレーター、と一緒に協力して本を作るのではなく、最初から最後まで全部自分で作る人という意味の言葉です。それはまさにヴァーハルはそのような人でした。グラフィックデザイナーやイラストレーターや彫刻家や彫刻師や詩人や小説家や製本などもできる芸術家として登場しました。その上にスタイルもあまり当時としては一般的ではありませんでした。どのように違うのかを下に説明してみる予定です。ヴァーハルは多才な人物だったので、すべてのことを一つの記事に書ききれないかもしれないので、特に木版画家と小説家としてのヴァーハルの代表作をとりあげます。

悲しい幼少期

生い立ちのような段落は、通常、退屈に思われるわかっています。しかし、ヴァーハルの人生における悲しすぎる幼児期は彼の生活や性質に大きな影響を与えたので、彼の芸術をよりよく理解するために幼少期について少なくとも少しだけ説明するのは本当に役に立つことと信じています。

ヨゼフ・ヴァーハルは1884年9月23日にチェコの南西にミラヴチェ・ウ・ドマジュリツ(Milavče u Domažlic)という小さな町に私生児として生まれました。彼の継父のヨゼフ・シモン(Josef Šimon)はミコラーシュ・アルシュ(Mikoláš Aleš)の従兄弟でした。学生時代にこの関係は重要になりました。お母さん(母親)のアンナ・ヴァーハロヴァー(Anna Váchalová)はヨゼフが生まれたしばらく後で財政難のため、住んでいるミラヴチェの牧場を売って、仕事を探すためにプラハに引越さなければならなくなりました。ヨゼフは今から祖父と祖母に住んでいました。プラハでお母さんとある(名前は重要でないと思います)靴屋と結婚しました。ヨゼフはあの靴屋をあまり好まなかったので、お母さんとの間柄がだんだん悪くなってしまいました。さらに、大嫌いな継父と一緒に大きな大都会に住んでいたことによって、だんだん都会を嫌うようになりました。二年ぐらい後でもう一度引っ越して、アルシュ(Alš)の家族に住み始めました。ここで特に犬と花鳥風月をこよなく愛し、村の静かな生活に慣れ親しみました。

しかし、1898年、14歳のとき、に進学のためもう一度憎まれた嫌悪したプラハに引っ越しました。プラハでは学校に通いながら色々なバイトをして、多忙になりプラハの憎まれた環境のせいでますます自意識過剰になりつつありました。愛している犬や自然や村の生活の静かさとの関係がなくなるに伴って彼は緊張し不眠症を始めてしまいました。睡眠障害の状況が悪ければ悪い程彼はやっと眠り落ちるころには悪夢を見るようになりました。プラハに住み続けるに伴って真夜中に悪逆無道の悪夢にうなされたのでもう眠らないように絵日記を書きました。その中にすべての邪悪な光景を描いて、朝まで働きました。不眠症が続いたためけて、彼の体の調子がプラハから逃げなければならなくなるほど悪くなりました。それでしばらく後にビェラー・ポド・ベズディェゼム(Bělá pod Bezdězem)に引越しして、本のバインダーとして働きました。当初は不眠症が治ったかのように見えましたが、あいにくしばらく経った後で悪逆無道な夢が再発してしまいました。「どうしようか」と考えて、ヴァーハルはアーチストになることに決めました。それであの悪夢の苦しみで何かの有益できる有効活用するためです。特に描いた絵日記があるので。それでもう一度プラハに帰りました。ミコラーシュ・アルシュの祖父の勧めのおかげで有名な画家「アロイス・カルヴォダ」(Alois Kalvoda)の絵画スタジオで勉強させていただきました。本のことと関係がある色々な仕事に生活費を稼ぎました。の才能はそのおかげでもっと上手くなりました。間もなくプラハに才能のある芸術家として徐々に名声を高めていきました。

vachal josef demons european czech graphics surrealism roboraion鬼の油絵と木版画

代表的なものとしては、1910年にスルスム(Sursum)という芸術団体を創立しました。スルスムの目的は人間の最も深い感情、つまり「ナドヴィエドミー(Nadvědomí)」を表現することでした。しかし、これは例えばフロイト(Freud)の潜在意識やユング(Jung)の無意識などと違うの意味をもたらす言葉です。ナドヴィエドミーというのはそのような心理学の用語よりはむしろもっとオカルトのようなことと関係があります。フロイトとユングの心理学に比べるとナドヴィエドミーはテレパシーやヴリルというような勢力を非科学的であるともいえます。この頃、ヴァーハルはチェコのカトリックモダニズムの代表者と一緒に連絡を取り合いましたが悪夢が続き、都市から緊張に悩まされるなどのせいですべてのキリスト教や人道主義的な思想を拒否しました。その代わりに自分の世界に没頭し、悪夢に沈みナドヴィエドミーのオカルティズムに心から全部で負けました。その上に1916年には第一次世界大戦に動員されたことで、この態度はもっと強くなりました。

ヴァーハルのオカルト表現主義

オカルトと言えば、鬼や悪魔などを崇拝している悪魔崇拝者を想像するものですがヴァーハルの場合には違いました。彼のオカルトは基本的に人為的なことやものに対して憤りでした。人間社会からしたことはばかばかしいと思っても、人間が嫌いではありませんでした。彼の小説のたとえにはの代わりにユーモラス皮肉の態度を見られます。次の章に彼の「流血の小説」クルヴァヴィー・ロマーン(Krvavý román)はあの皮肉やスタイルを発表します。

ヴァーハルにとってはオカルト信仰者は悪い意味ではありませんでした。彼にとってこの意味は真実の世界を見ることでした。人為的なことではなく宇宙の大きさを際限なく感じることでした。人為的な世界は何よりもつまらなく限界がありました。彼にあの悪夢は多分何かの通信の種類でした。探査の価値がある通信でした。そこであの奇妙なビジョンを徹底的に描きました。

結論として、ヴァーハルのオカルトは何よりも人為的なことの代わりに最も一般的な自然ということに対する信仰でした。

Josef Vachal wood prints czech artist demons hell仕事の地獄

「流血の小説」クルヴァヴィー・ロマーン(Krvavý román)

社会に対しての態度を表すのにヴァーハルの「流血の小説」を紹介しましょう。あの時に庶民層には「流血の小説」クルヴァヴィー・ロマーン(Krvavý román)ていうパルプ·フィクションがとても好まれていました。文芸評論家の意見通りに文学の廃棄物として有名でした。実は本当に廃棄物ですが、ヴァーハルは人々の態度に興味がありました。理由は社会の皆の人は流血の小説について聞かれたら、勿論廃棄物だと答えるものでしたが家では遠慮なく読みました。本音と建前の差とうものかもしれません。それで、事実を表すのため流血の小説の文学種類を提唱し始めました。それ以上「文化的で文学的で歴史的な研究」サブ・タイトルがある自分の流血の小説を書きました。

流血の小説・文化的で文学文学的で歴史的な研究

通常、すべての流血の小説には沢山の主人公があって、それらの間に複雑に絡み合った人間関係があって、喧嘩して流血に終わるものです。深い意味があまりないでしょう。現代のロサムデ・ピルチャ(Rosamunde Pilcher)のロマンス小説を似ているが、結婚式の代わりにバトル・ロワイアルのような結末があります。ヴァーハルの流血の小説はさらに面白いです。ストーリーを説明するのはナンセンスですが粗筋だけを紹介してもいいと信じています。 例えば、流血の小説にはイエズス会(そのとき人気のある悪役)とフリーメイソンの戦いを目撃します。このメインのストーリー・ラインの回りに膨大な量の他のストーリー・ラインがあります。あのラインは奇妙な方で絡み合うに伴ってストーリーが非常に錯綜します。 突然に小説家のヴァーキャルは読者に紙が少なくなってしまうので、早く終わらなければならないと言い放ちます。すぐ後ですべての主人公は2枚ページに殺されます。それ以上、あの殺人者達はその前小説に登場することがなくて、全く見ず知らず人です。

Josef vachal krvavy roman movie brabec.jpg「流血の小説」の映画

しかし、サブ・タイトルによると、流血の小説は二つに分けられています。最初のはあの文化的で文学的で歴史的な研究です。これで皮肉や態度やユーモアや文学的なスタイルなどを表していると思います。そのため、原文と対訳を引用します。

Nevinné a cudné dívky, o jakých se zhusta
v krvavých románech jednalo, více neexistují v současné tvorbě: ctnost jejich by neobstála
v řadě zkoušek a utrpení, kterými jim bylo procházeti, by na konec, v sešitu 120tém, staly se manželkami hrabat a vévodů,
nebo hrdině skončily svůj život s milovaným loupežníkem.

V přítomné literatuře nemají dívky příčin
a příležitosti podjímati se tak nehorázných neb
romantických zkoušek; dojdou štěstí i s obyčejným pitomcem,
má-li jen dobré postavení,
neb socialistickou legitimaci v kapse.

--- ---

Jindy svedl-li nějaký chlípník nevinnou pannu,
nechal autor podobného románu
k vůli takovému činu vyrukovati jednomu stu osob,
které do padesátého sešitu dotyčného románu
napáchaly dva tucty vražd, příčinou tohoto svedení;
dnes skončí to i v nejroztahanější knize
bez obětí, buď smírem neb alimenty,
či nejtragičtěji nanejvýše třemi životy.

流血の小説に頻繁に言及された無邪気で貞淑な少女は
現代の創作には殆ど見られない存在である。
彼女らの美徳は、一連の試練や苦しみなどをくぐりぬけ、
120巻目の本に伯爵や公爵などと結婚するため
又は愛した泥棒と心中するなど、
まだ報われないのである。

現代の文学作品には、少女がそんな惨烈で
ロマンチックな試練を受ける原因や機会がない。
少なくともポケットに社会主義政党のカードがあれば
普通の馬鹿と幸福を果たすなのである。

前に誰かの好色漢が無邪気な少女を誘惑すれば、
復讐のためにこのような小説の作家で、
五十冊までに二つダースを殺人する百人の人を呼び出させたものである。
現代では、たとえすごく長すぎるの小説でも
殺人なしで終わってしまう。
何れか和解やで
最悪の場合でも
最大で三人の命を失われられてしまう程度なのである。

流血の小説以外で、他の注目に値されるのは『シュマヴァ~死とロマンス(Šumava umírající a romantická)』と『カラー木版印刷の説明書(Receptář barevného dřevotisku )』。その三冊のはチェコの20世紀の最も重要なグラフィックの作品として評価されています。

sumava vachal josef surrealism wood block printing czech roboraion.jpgシュマヴァ~死とロマンス(Šumava umírající a romantická)

しかし、多くの場合の通りに過半数の木版画やグラフィックスなどはヴァーキャルが亡くなった後で見つかれて有名になりました。少なくとも何かの相続があるのはヨゼフ・ポルトマン(Josef Portman)のおかげです。ポルトマンはヴァーキャルの友人や支持としてできるだけ生活のことに手伝いました。例えば自分のリトミシュル(Litomyšl)の家にヴァーキャルの作品で部屋を飾らせさせました。今はポルトモネウム(Portmoneum)と言います。ポルトマンの名前が派生した、ヴァーキャルの美術館のような小さなリトミシュルの家の名前です。

portmoneum josef vachal roboraion czech surrealistic graphician.jpgポルトモネウム

ポルトマン以外に、ヴァーハルの遺産は他の人のラジスラヴ・ホラーチェクに守られています。1989年にパセカ(Paseka)という出版会社を創設して特にヴァーハルと彼の大好きなパルプ·フィクションの文学を出版する目的がありました。最初の出版した本はちょうど良いヴァーハルの流血の小説でした。その上、リトミシュルのパセカの出版社のビルはヴァーハルの版画で飾られていて、通りには彼の名前が付いています。あの二人の保護者でなければ、恐らくヴァーハルの名前は知られていなかったかもしれません。

Vachal litomysl street.jpgリトミシュルにヴァーハルのストリートがあります
トンダ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
参考文献を表す・隠す
文献
  1. http://www.kudyznudy.cz/Foto-a-video/3D-Prohlidky/Litomysl---Portmoneum---Museum-Josefa-Vachala.aspx
  2. http://www.atlasobscura.com/places/josef-vachal-museum
  3. http://www.radio.cz/en/section/czechs/josef-vachal-graphic-artist-and-painter-designer-of-the-portmoneum
  4. http://www.litomysl.cz/?id_str=1311055299957
  5. http://www.vachal.cz/vachal.htm
  6. http://cs.wikipedia.org/wiki/Krvav%C3%BD_rom%C3%A1n
  7. http://kyklop.blokuje.cz/189766-josef-vachal-dablova-zahradka-aneb-prirodopis-strasidel.php
  8. http://exlibrisweb.cz/vachal.htm
  9. http://web.archive.org/web/20050207105832/http://folk.gin.cz/michael/Krvrom.html
  10. http://cs.wikipedia.org/wiki/Josef_V%C3%A1chal
  11. http://ja.wikipedia.org/wiki/カール・グスタフ・ユング
  12. http://ja.wikipedia.org/wiki/ジークムント・フロイト
  13. http://www.radioservis-as.cz/archiv08/27_08/27_titul.htm

イメージ
  1. http://www.atlasobscura.com/places/josef-vachal-museum
  2. http://bibliodyssey.blogspot.cz/2006/03/josef-vchal_17.html
  3. http://www.vachal.cz/vachal.htm
  4. http://www.ceskatelevize.cz/porady/149737-krvavy-roman/29535892300/
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013