Večerníček

カレル・クリル(Karel Kryl)

カレル・クリルは大きな影響が与えたチェコスロバキアのシンガー・ソングライターであり 詩人、愛国者でもあった。彼は1968年から1989年まで反共主義の「Protestsong」の代表者 だった。カレル・クリルと言えば、ギターを抱えている詩人である。

カレル・クリルの伝記

1938年にドイツ人がスデティ(Sudety)の土地を占領したので、彼の家族はノヴィー・イチ ーン(Nový Jičín)からクロミェジージュ(Kroměříž)へ引っ越さなければならなっかた。彼はこの 町で4月12日1944年に生まれた。 

カレル・クリルの父親は自分の印刷所で働いていた。その印刷所は戦争の途中で、禁じられ た愛国の冊子を印刷していた。1950年に共産主義政体はその印刷所を押収してしまい、カ レル・クリルの家族も古い地下室へ生活の場を移した。その当時は本当に苦しい生活であ った。

彼はいい小学校生だったが、階級の出身のため、小学校から推薦をもらえなかった。(中学 校に入るために、その推薦は必要である)。

クリルの家族は再びノヴィー・イチーン(Nový Jičín)へ移った。友人のおかげでカレルは中学 校に入ることができた。中学校の時、ギターを引きはじめた。卒業したあとでは、さちに音 楽に興味を持っていた。

彼は1963年に兵役をした。カレルはその時期について「私の生活が一番寂しい時だ った。。」と思い出している。そのころ「ピエタ」(Pieta)や「アンジェル」(Anděl)の歌を った。

兵役が終わったあとで、カレルはテプリツェ(Teplice)で「Divadélko na zámku」の小さな 劇場を作った。すぐにラジオから最初の仕事の依頼が来た。プラハへ引越しをする前に、オ ストラヴァ(Ostrava)も他の芸術家と働いていた。

1967年にプラハで新しい仕事を見つけて、チェコのテレビのため、沢山面白い人を見つけ た。その時も「プラハの春」が呼ばれていた。「プラハの春」により、共産主義政体の政治 的支配は弱くなった。国民は自由に物事を決めることができるようになった。カレルにと って「プラハの春」と言えば、すごい自由の爆発だ。。 1968年8月

しかし、「プラハの春」のはすぐに終わってしまった。1968年8月20日にはワルシャワ条約 の軍隊がプラハに来て、「プラハの春」の改革を止めさせた。
カレルはプラハへ行く時に、その侵入について人気がある歌を作った。その歌の名前は 「Bratříčku, zavírej vrátka」(ブラチーチク、ザヴィーレ・ヴラーツカ)である。

カレルは軍隊に対する国民の反対運動に参加した。彼は沢山コンサートが行った。半年侵入 のあとで、カレルは自分のレコードを出した。「Bratříčku, zavírej vrátka」と言うレコ ードはすぐに大きな成功をした。しかし、国の雰囲気は急に変わっていて、検閲が強くにな っていた。カレルのコンサートはキャンセルされ、レコードを売る事も、と彼の名前をラジ オでは禁じられた。

亡命

1969年9月9日にカレル・クリルはドイツへ亡命した。ドイツの市民権を取得するつもりはな かった。外国では「Svobodná Evropa」(スヴォボヅナー・エヴロパ)と言うラジオと協力し た。最初の亡命のクリスマス前に出版されたレコードの名前は「Rakovina」(ラコヴィナ)。 チェコスロバキアへは400ぐらいレコードが密輸された。

音楽を除いて、彼は本を書いていた。例えば「Sedm básniček na zrcadlo」(セヅム・バ ースニチェク・ナ・ズルツァヅロ)という本である(彼は毎日妻の鏡に詩を書いていたので、 選ばれていた詩から本をできた。あいにく、彼らは離婚しました。) カレルは70年代後半にフランスやカナダでコンサートをした。

帰国

80年代後半には世界中の重要な政治の変化と改革が始まった。ソ連の崩壊が近づいていた。 1989年11月17日にプラハには大きなデモが参会した大学生たちは暴行された。そのデモによ りチェコスロバキアのビロード革命が始まった。

ドイツに住んでいたカレル・クリルはそのビロード革命の状態について情報を集めていた。 1989年11月30日に彼の母親のお葬式のために、彼は帰国した。国では、一週間に三十ぐらい のコンサートがあった。チェコスロバキアでまだ人気あるのは彼をびっくりさせた。しか し、あとでドイツへ帰らせれてしまった。

karel-kryl-album.jpg「Karel Kryl」イェヅーフキ(Jedůfky)と言うアルバムカバーの写真

12月に新しく選ばれていた大統領ヴァーツラヴ・ハヴェル(Václav Havel)はカレル・クリル にプラハの城に招待した。彼はカレル・ゴット(Karel Gott)と一緒に国歌を歌った。カレル ・ゴットの作品は共産主義政体に禁じられなかったので、カレル・クリルと一緒に歌を歌う のは古い政治と新しい国民的政治の仲直りのようなことだった。でも国民はその行為をよく 批判した。カレル・クリルもその行為を残念に思っていた。

カレル・クリルは革命のシンボルになった。人々は彼の意見を聞いた。しかし、彼の人気 は、カレルを困難させた。彼は「僕が何と言おうとも、人はいつも僕の言葉に重要な意味を つける。。」のような言葉を言われていた。

彼はビロード革命あとの進歩の結果に失望した。国民は共産主義政体を壊すことと新しい民 主的政権を作ることに集中的に投入していた。でも、彼は個別の犯罪者を探すことはないと 思っていた。そのことを例えば「Sametové jaro」(サメトヴェー・ヤロ)や「Demokracie」(デ モクラツイエ)の歌で批判した。

カレル・クリルは大統領の会議に参会するつもりだったが、ヴァーツラヴ・ハヴェルは彼を 招かなかった。

彼はドイツ人の女と結婚して、国の状態に失望したので、またドイツに住んでいた。 1992年に「Monology」(モノロギ)と言うレコードを出版した。でも観客の行動が変わってい た。カレルの社会の批判を聞いている人々は少なくなった。

1992年12月30日にチェコスロバキアはチェコとスロバキアに分離独立した。カレル・クリ ルは愛国者としてその分離独立にひどい精神的苦痛を受けた。1993年にミロシュ・チェルマ ーク(Miloš Čermák)にインタビューを受けて、そのインタビューから「Půlkacíř」(プール カツィーチュ)と言う本ができた。

1994年3月3日にミニホヴで心発作のため亡くなってしまった。告別式はプラハの聖マルケ ータ(sv. Markéta)の教会で行われた。4000人ぐらいが来た。

karel-kryl-pamatnik-letna.jpg「Karel Kryl」の記念碑(Letna)

ディスコグラフィー(選択だけ)

カレル・クリルは自分が作った歌で自分の意見を述べた。しかし、批判の作品ではなくて、 憂鬱な自然や人の感情について詩のような歌を作った。彼の作品のいくつかは聖書の話題に ついてであった。


Bratříčku, zavírej vrátka (1969、ブラチーチク、ザヴィーレ・ヴラーツカ)
Rakovina (1969,ラコヴィナ)
Maškary (1970、マシュカリ)
Karavana mraků (1979、カラヴァナ・ムラクー)
Plaváček (1983、プラヴァーチェク)
Tekuté písky (1990、テクテー・ピースキ)
Monology (1992、モノロギ)

図書

Kníška Karla Kryla (1972,クニーシュカ・カルラ・クルラ)
Slovíčka (1980、スロヴィーチュカ)
Z mého života (1986、ズ・メーホ・ジヴォタ)
Zbraně pro Erató (1987、ズブラニェ・プロ・エラトー)
Amoresky (1991、アモレスキ)
Půlkacíř (1993、プールカツィージュ)
Nebýt stádem Hamletů (1994、ネビーツ・スターデム・ハムレツー)

karel-kryl-podpis.jpg

アデラ
プラハ・カレル大学の日本語学科の学生。
連絡: | adela@roboraion.cz | facebook |
参考文献を表す
文献
  1. http://cs.wikipedia.org/wiki/Karel_Kryl
  2. http://home.tiscali.cz/cz010955/
  3. http://www.karelkryl.cz/index.php

イメージ
  1. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/46/Karel_Kryl_-_memorial_marker_in_Prague_Letna.JPG
  2. http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/ff/Karel_Kryl_-_autograph.jpg
comments powered by Disqus


Karel Hasler カレル・ハシュレル(Karel Hašler)カレル・ハシュレルは、チェコのシンガー・ソングライター、役者、作曲家、作家、脚本家、劇作家、監督などでしたが、先ず第一に熱心な愛国者でした。 spain synagogue czech プラハのスペインのシナゴーグスペインのシナゴーグは1968年に建てられて、プラハのヨゼフォヴで一番新しいシナゴーグになりました。今、プラハのヨゼフォヴはプラハ1区に属していて、旧市街にあります。 ponrepo biograph czech 最初の映画館プラハの「Karlova ulice」にいは、ヴィクトル・ポンレポ(Viktor Ponrepo)にちなんだ映画館がある。しかし、この映画館ではたいてい他の映画館で見えるような最新の映画は上映されていない。 チェコのお茶文化 チェコのお茶文化昔のチェコの人たちは、ハーブを取って、ハーブティーを飲んでいたものです。ハーブティーを飲んだ理由は、まず薬として、また、チェコの冬はとても寒かったからです。 Jan Svankmajer, surrealist ヤン・シュヴァンクマイエル、代表的な超現実主義的の映画監督日本の友達とチェコの映画について話すと、大好きな映画監督がたくさんいます。たとえば、カレル・ゼマン(Karel Zeman)、 イジー・トルンカ(Jiří Trnka)、オルドリッチ・リプスキー(Oldřich Lipský)などの監督をよく知っています。しかし。。。 krtecek モグラ君チェコといえば、ビ-ルとかシュコダの車のほかに、何を思い出しますか。童話やアニメが好きな場合は、ぜひモグラ君も好きになります。でも、いつやどうやってモグラ君が作られましたか。 babicka bozena nemcova 「お祖母さん」1855に作られても、今までチェコ人で人気がある短編小説について短い説明をしたいと思います。「お祖母さん」という短編小説は1855年にボジェナ・ニエムツォヴァ-(Božena Němcová)によって作られて、調査によって、今まで人々はその本が大好きだそうです。でも、なぜだそうですか。 filip topol フィリプ・トポルの「荒々しい叙情詩」昨年の6月19日に死去したフィリプ・トポル(Filip Topol)はチェコのアンダーグラウンド音楽の重要な作曲家およびピアニストであり、また詩人でもであった。 burning witches 魔女裁判 – 潔白な人々の殺人ヨーロッパでは、16世紀後半に主にドイツやフランスの地域で魔女裁判が行われています。この裁判の最高潮は、17世紀後半にであり、三十年戦争の後です。ボヘミアの状態はどうですか。 Ladovska zima 「Ladovská zima」ラダの冬チェコ語の中で「Ladovská zima」(ラドフスカ一・ズィマ)ということを聞いたことがありますか。チェコのイラストレーター、画家、作家のヨゼフ・ラダをご存知なら、多分この言葉の意味を分かるかもしれません。 Tri-orisky-pro-popelku-header.jpg チェコのクリスマスの伝統的な童話の映画先週クリスマスマーケットについて書いてから、チェコでクリスマスと言ったらクリスマスマーケット以外でなんだと考えてみました。それでクリスマスの童話だと思いました。クスマスの時には、子供も大人もテレビで童話を見ますから。じゃあ、そのクリスマスの伝統的な童話とは何でしょうか。 Jakub Jan Ryba ヤクブ・ヤン・リバヤン・ヤクブ・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。 Vánoční trhy クリスマスの買物をしましょう!クリスマスの雰囲気を楽しみたいですか?プラハの伝統的なクリスマスマーケットに行きましょう! kapr-štědrovečerní-večeře.jpg チェコのクリスマスディナーそろそろクリスマスなので、今度はクリスマスに関する記事を書きます。チェコのクリスマスディナーの料理・習慣・迷信についての記事です。 svatá Barborka 聖バルバラの日「スミミ桜の枝で将来が決まる」12月4日にスミミ桜やサクランボの枝などを折って、花瓶の水に挿すという習慣がある。クリスマス20日間で枝の花が咲くと、良い象徴になると言われる。どんな意味があるのだろう? mikuláš header.jpg 聖ニコラオスのイーヴチェコでは、12月5日の夜に特別なお祝いがある。その日は、聖ニコラオスと天使とあくまのコスチュームを着た人たちが見られる。なぜでしょうか?
すべての記事を表示する


ロボライオンは日本人のためチェコについて奇妙なインターネットのマガジンです。私達の目的はチェコに行ったや興味がある日本人にチェコの文化や国の性格を近似し、チェコ語を勉強している日本人に言葉を説明し、郷土料理を紹介し、歴史を紹介しなどです。一般的にチェコに関係があることについて情報を提供することです。 Roboraion is an internet magazine designed to promote Czech culture, traditions, cuisine, history, language, politics, artist, scientist etc. to Japanese audience. Basically to create a cultural bridge between Japan and Czech Republic. Project itself is, however, exceeds the bounds of magazine and it works more like a platform for international cooperation. Roboraion je japonsky psaný internetový magazín snažící se přiblížit českou kulturu, zvyklosti, společnost, jazyk, politiku a obecně vše, co by mohlo japonské publikum a čtenářstvo zajímat. Projekt však přesahuje termín časopis a funguje spíše jako iniciativa pro mezikulturní spolupráci a osvětu.
some rights reserved to Tony Slacik CC:BY-NC-SA 4.0 international 2013